住み込みで工場で働くメリットとデメリットを紹介します!

貯金をしたいなら断然、住み込みがオススメ!

求人誌などで工場の求人を調べていると、住み込みの求人を多く見かけます。住み込みと聞くとあまり良いイメージを持ちませんよね?しかし、寮付きの工場の求人は若者を中心に人気が高いのです。それはなぜかと言うと、貯金をしやすい環境が揃っているということが理由になっているようです。寮は一般的な賃貸物件と比べると家賃が割安です。また、企業によっては光熱費などを負担してくれるところもあります。ですから、自分で負担するのは食費くらいであり、働いて得たお金をそのまま貯金へ回すことが出来るのです。お金の面以外では通勤が楽だと言うメリットもあります。寮から工場までは送迎バスが用意されている事がほとんどなので、通勤手段に悩まされるということはありません。

住み込みの求人ではストレスを上手に発散する事が重要

住み込みの求人はお金が貯まりやすいのですが、そのメリットを得るためには少しの我慢が必要です。よく言われていることですが、住み込みで工場で働くとストレスが溜まりやすいのです。その原因は寮が建てられている場所にあります。寮は工場からほど近い工業地帯に建っていることが多いのですが、工業地帯は市街地から離れた郊外にあるので、寮の周りには楽しく遊べるような施設がほとんどありません。休日だとしても、遊ぼうと思うと遠出をしなければなりません。また、寮では常に他の社員と一緒の空間で過ごします。寮によってはお風呂やトイレが共同という可能性もあります。こういった条件が、住み込みで働くとストレスが溜まりやすいと言われている原因となっています。

utエイムの公式サイトはこちら

関連記事