外資系への就職活動の進め方と仕事内容や待遇

外資系企業で高収入を実現

外資系企業で働くことのメリットといえば、国内企業では得ることができない、高収入になっていくでしょう。グローバルな事業展開を進める外資系企業で働くことで、世界を相手にした大きな仕事に関わることができると同時に高額報酬を得ることができるのが外資系で働くことの魅力です。

外資系企業への転職に必要なスキル

外資系企業への転職には、過去の自分のキャリアをアピールするだけではなく、業務に関係する資格を得ることも重要になっていきます。TOEICなどの英語力に関するスキルは勿論のこと、国際会計基準に関する知識の証明でもあるUSCPAなどの資格を取得しておくのも良いでしょう。

外資系転職ではIT系が人気

外資系への転職では、IT系の職種が人気になっています。国内のIT企業よりも、外資系企業のほうが能力に対する適正な評価を受けることができ、若いうちに高い報酬と、責任ある立場に就くことを実現することが可能です。世界で通じるパッケージソフトの開発などのグローバルな仕事に従事することが可能になるのも外資系IT企業で働くことの魅力です。

外資系の報酬形態のスタイル

外資系企業では、年棒制の報酬形態を採用する企業が多く見られます。高い年俸が提示されるだけではなく、業績に応じたインセンティブを受けることができる場合もあったりと、殆の外資系企業では高い報酬を得ることを可能にしています。

専門の求人サイトの活用が外資系転職には有効

外資系の転職には専門の求人サイトを活用するのが良いでしょう。サイトによっては、経験豊かなアドバイザーが親身になってサポートしてくれるところも多く、希望の外資系企業へのスムーズな転職を実現できるからです。

外資 IT系は国内の企業より給与が高いという事と、最先端の技術を扱うことができる事が大きな魅力です。しかし、成績が悪ければ給与が下がり、会社内のポジションも悪くなるという成果主義なので安定は望めません。

関連記事