短期間だけ工場で住み込んで働く仕事って具体的には?どんな魅力があるのか

短い期間だけ工場にて住み込みで働くとは

正社員として工場で働く場合は雇用期間の定めがない働き方になりますが、契約社員や派遣社員として、数か月程度だけ働くことも可能です。非正規雇用の場合、契約を更新して働き続けることもできますし、勤務先に認められれば正社員になることもあります。日本全国各地には、車・食品などを製造するための工場がたくさんあり、そこでの仕事は多岐にわたるのが現状です。シール貼りや検品など比較的経験が無くてもできそうな仕事や、ある程度経験が必要となる旋盤・塗装・鋳造なんて仕事もあり、これらの仕事をすることになります。通常は自宅から車やバスなどで勤務先まで通うのが一般的ですが、会社に寮があればそれを利用することもでき、それが住み込みで働くということです。

魅力は結構あるといえる

一概にはいえませんが、都会にある大手有名メーカーの工場で働く場合は給料がいいことが多いです。たとえばですが時給1,500円以上、求人先によっては2,000円を超える時給を提示している求人もあり、稼ぐことができます。単純計算ですが、時給1,500円で一日8時間勤務を22日だとすれば、月の給料は264,000円になり、さらに残業すれば残業代が加わることに。勤務先によっては寮費が無料、入社祝金や契約満了金などの制度あり、赴任交通費支給などの条件で人を探しているところもあります。

住み込みなので、自分で住宅を探し契約するという面倒な手間は不要となりますし、基本的に勤務先に近いところに寮があるので、朝の時間比較的余裕を持ちやすいです。寮には同じ職場は働く人がいるので、困ったことがあればすぐに相談して解決できるのも魅力。工場の求人は住み込みできます、としているところが結構多いので探しやすいです。

工場に併設されている社員寮の住み込みの求人の業務は、入寮者の食事の提供と清掃・管理をすることになります。

関連記事