転職前に要チェック!外資系企業のメリットとデメリット

外資系企業のメリット

外資系企業のメリットとしてまず挙げられるのは、実力次第でどんどん上を目指せるということです。外資系においては年齢や勤続年数の長さなどはほとんど関係ありません。若年であっても、実績を多数上げればスピーディーに出世し、収入をどんどん上げていくことができます。また、仕事とプライベートのバランスをとりやすいことも大きなメリットです。外資系はフレックスタイム制などを導入しているところも多く、自分の勤務時間を調整しやすいという特徴があります。また、定時で帰りにくいなどという残業を推奨するような文化もありません。したがって、オンオフの切り替えがしやすく、ワークライフバランスを重視したい方にマッチしやすい環境と言えます。

外資系企業のデメリット

実力主義の世界なので、目に見える実績を上げられない人はなかなか出世できず、収入も伸び悩むと考えられます。与えられた仕事をこなすことや、決まったルーティンワークをこなすことが得意な方にはあまりマッチしない可能性があるでしょう。また、外資系企業では残業は「勤務時間内に自分の仕事を終えられない人がするもの」と考えられています。自分の残務に応じて残業を自由にできる企業の方が働きやすい人にとっては、このような外資系の考え方はデメリットと言えるでしょう。そのほか、外資系は状況によって日本支社を撤退させることもあるため、日本国内に本社を置く企業などと比較すると、やや安定性に欠けるという点もデメリットに挙げられます。

外資系転職を行う事によって日本では浸透していないような魅力的な働き方ができる企業は多くあります。自分の生活スタイルに合った仕事ができるようになります。

関連記事