ドライバーの仕事には色々な種類があります!人気のドライバー職3選

大型トラックのドライバー

トラックドライバーといえば、大型トラックをイメージする人も少なくありません。大型トラックを運転するためには大型免許が必要ですが、これがあれば10tクラスのトラックを運転することが可能です。長距離ドライバーとなることが多く、基本的に一人で運転したり作業したりすることになります。そのため、一人でいる時間を大切にしたい人達から人気がある職業です。

バスの運転士として働く

バスの運転士もドライバー職として人気があります。交通インフラとして欠かせないバスを運転することで、仕事にやりがいを感じたり、社会に貢献していることを実感できたりします。ところで、バスの運転士として活躍するためには大型二種免許が必要となります。しかし、免許を持っていなくても応募することは可能です。何故なら、バス会社が免許取得をサポートしてくれることが多いからです。求人雑誌に募集するバス会社があるので、免許取得サポート体制がどうなっているかをチェックしてみましょう。

軽自動車を使った宅配ドライバー

大型免許などの特殊な免許を持っていなくても、ドライバーとして活躍することは十分可能です。何故なら、宅配サービスの需要が増えたことで、軽自動車などを使った宅配ドライバーの募集が増えているからです。普通免許があれば仕事ができるので、宅配ドライバーとして働く人も少なくありません。車を持ち込んで宅配する場合もあれば、社用車を使って宅配するケースもあります。宅配ドライバーというとノルマがあるイメージがありますが、そうでないケースも少なくありません。まずは求人情報でノルマの有無をしっかりチェックしましょう。

愛知のドライバーの求人では、介護タクシーや子育て支援など新しいサービスが展開されており、職種の幅が広がっています。

関連記事