専属運転手とは?その仕事内容に迫ります!

大まかな仕事内容を知ろう!

バスやタクシー等運転手の求人といっても色々ありますが、専属運転手という求人もあります。専属運転手とは、会社の社長・役員や各業界のVIPのいわゆるお付きの運転手として働く仕事になります。歩合制ではないので安定した給与も見込めますし、ほぼ毎日顔見知りの人とのコミュニケーションだけで済むというメリットもあります。勤務体系は付く人の勤務体系に合わせるので、平日5日勤務であったりシフト制であったり様々です。ただ、忙しく各地を飛び回っている人の専属運転手になる場合には激務になるケースもあります。運転業務以外にも、付く人のスケジュール管理等の秘書業務を行う場合もあるので、ある程度の対人スキルや管理能力も必要になることもあります。

気になる年収水準は?

専属運転士の仕事で、どのくらい稼げるのかということが気になる人もいるでしょう。勤務体系より異なりますが、平日5日間8時間勤務だと月30万円程度というのが大まかな水準のようです。加えて、早朝や深夜手当等が付いたりすると月50万円以上稼ぐ運転士の方もいます。

高級外車等の運転も考えておこう!

そして、専属運転士の仕事をするにあたっては、高級外車等の運転も考えておきましょう。社長や各業界のVIP等には車好きも少なくなく、貴重な高級外車で移動をするという方もいるようです。左ハンドルの感覚に慣れることもそうですが、高級車を運転するというプレッシャーを感じないように心がけるのも大切です。もちろん、車好きの人は趣味と実益を兼ねて応募してみるのもよいでしょう。そうした車好きという人は、付く人と話が合いやすいので良好な関係を築きやすいというのも強みです。

運転手の派遣は、年齢にかかわらず免許や経験があれば活躍できることや、時間帯によっては高収入を得られるといった魅力があります。

関連記事