好条件とは限らない?入社特典の読み方について理解しよう!

特典の多くには条件がある

期間工の募集など一部の求人には入社特典が設けられているものがあります。寮費無料や入社祝い金支給と言った魅力的な言葉が並んでいるので即座に応募しがちですが、誰でも無条件で特典の対象になるわけではありません。お得に思える入社特典ですが、実際には勤務時間や出勤日数など様々な条件があるケースが少なくないので安易な即決は避けるのが賢明です。稀に勤務スケジュールをどのように調整しても達成できない条件を設けている悪質な会社も存在するので、入社特典を謳う求人広告は内容をよく確認する必要があります。また、特典の対象に該当した場合であっても実際に反映されるのは雇用期間が満了した後、というケースもあります。そのため、あくまでも入社特典はおまけとして考え、過度な期待をしないことが大切です。

現地での暮らしに役立つ特典であることを確認する

雇用条件がほぼ同じ求人広告が複数ある場合、入社特典の内容で判断するのもひとつの方法です。勤務地で暮らすことになる場合は生活に役立つ特典であることが重要な判断基準になります。特に地元から離れた場所で暮らす場合は生活基盤の安定が優先事項なので、金銭の負担が軽減される特典を選ぶのがベストです。この場合、現金や商品券などの支給よりも寮費無料のように支出が軽減される特典を優先します。これは手元にまとまった金額のお金があると無駄遣いをするおそれがあるためです。慣れない環境で自制心が働かずに散財することは誰にでも起こりうるトラブルです。浪費を重ねて後になってから困るという事態を回避するためにも、支出の負担が減る特典を選ぶのが良い判断と言えます。

全国求人リサーチ調べで、同じ就業先で同じ仕事なら、時給ナンバー1と評価されているのが、綜合キャリアオプション。好待遇で優良な会社で働きたいと考える方に安心して求人探しできる派遣会社です。

関連記事