インターネットを使わない仕事探しには、どんな手段があるの?

意外と活用できる新聞広告

仕事探しのための情報収集は、インターネットを活用することが主流になっていますが、今回はあえてインターネットを使わない探し方を紹介します。まずは、新聞に掲載されている求人広告です。新聞はアナログのような印象を受けますが、地域や職種に特化した求人広告もあり、思いがけず有益な情報を得られることがあります。求人広告のサイズは、広告費に比例するためさまざまです。求人情報のスペースが大きいからといって優良企業とは限りませんし、小さいからといって零細企業とは限りません。サイズに左右されずに、自分に適した会社を見分けなければならないのです。秀逸なキャッチフレーズや、バラエティに富んだデザインに惑わされないようにしましょう。

知人から職場を紹介される際のメリットと注意点

知人に職場を紹介してもらうように頼んで仕事探しをするのも、意外とよくある話です。知人からの紹介だと、職務上必要なスキルを正確に把握できるというメリットがあります。企業側にとっても求人広告費を削減できたり、求人者について情報収集するプロセスを省くことができるのです。そのため、一般募集と比較して採用率が高くなるという傾向があります。ただし採用率が高くても、できるだけ一般の求職者と同じ心構えで仕事探しをするようにしましょう。求職活動のマナーを逸脱した行為があると、企業だけでなく紹介者との関係もギクシャクしてしまうリスクがあるからです。知人が紹介してくれたからといって、採用までのすべてのプロセスを保証してもらったわけではないという認識を持つことが重要なのです。

仕事探しは、インターネットの求人サイトでする事が可能です。サイトによっては、専門のコーディネーターに付いてもらって面接の取り次ぎをしてもらえます。

関連記事